chobiのブログ

仕事を1日で辞めてしまった

羽鳥慎一モーニングショー 「使用済み段ボールがダニ・ゴキブリの温床に」って怖すぎるでしょ!

今朝の羽鳥慎一モーニングショーで段ボールの長期保管について特集してましたが、段ボールがダニやゴキブリの温床になるらしいです。

 

そもそも、段ボールは物を入れて移動させるのが目的なので、折りたたんでの長期保管は想定されていない。(全国段ボール工業組合連合会

 

 

段ボールを重ねて保管するのはダメとのことでした。

重ねるよりはましだけど、段ボールに物を入れてしまうのもダメだとか。

段ボールを長期保管しているとダニが発生して、そのダニを食べるゴキブリが発生するということでした。

 

なぜ段ボールの重ね置きがダニ・ゴキブリの温床になってしまうのか

①段ボールには隙間が多い

ダニが住みつくのに最適なので繁殖力がUPする。

段ボールの隙間に卵を産み付ける。

 

②保温性が高い

害虫は25~30℃が大好き、真夏より今からの次期が危ない。

 

③保湿性が高い

温度や湿度の変化が少ない場所を好む、家の中などは最適。

 

家の中の保管場所、危険度は

レベル1    玄関

外から虫が入ってきやすい。

 

レベル2    押し入れ

風通しが悪く多湿で薄暗い、ダニは夜行性なので薄暗い場所を好む。

 

レベル3    洗濯機の横

高温多湿。衣類から落ちた皮脂がダニやゴキブリの餌になる。

 

レベルMAX   冷蔵庫の横

高温多湿。はねた油がゴキブリの餌になる。

 

段ボールに害虫 どうすればいい?

■使用済み段ボールはなるべく早くリサイクルに出す。

もったいないとか、資源の無駄遣いと思いがちだが、段ボールの原材料の90%はリサイクルでできている

 

■どうしても保管したい場合

定期的に、天日干しなどで重ねずに乾燥させる。

 

わたしはすぐにリサイクルに出す派です。

置き場所もないし、必要な時には購入してます。

リサイクルに出すのは面倒だけど、ダニ・ゴキブリの住処と考えると家の中に置いとくのは危険!